身体的な症状のみ

女性

うつ病の一種とは

仮面デプレッションは、身体的な症状のみが出るうつ病のことです。仮面うつ病とも言われています。そのため医師は細心の注意をして見極めていく必要があります。身体的な症状のみなので自律神経失調症と診断されることもあります。うつ病とは治療方法が全く異なることから、誤診断に気をつけることが重要となっています。そうした誤診断を避ける上でも、評価されている専門クリニックに行くとよいでしょう。専門クリニックは、多くの患者さんを診察していることから仮面デプレッションを見抜くことが出来ます。現在では、こうした病気があることも広く知れ渡っているため正確な診断を受けやすい環境となっています。特に、専門的に診察しているクリニックや病院であれば適切な治療を受けるとこが出来ます。同じ疾患でもアプローチ法を変えていくことで大きな成果が出ることもあります。治療をするのであれば、専門クリニックを利用することがとても大切です。仮面デプレッションの診断には、豊富な臨床経験が求められます。仮面デプレッションの患者さんは増えています。適切な治療をすることがとても大事です。仮面デプレッションは、うつ病なので一般的なうつ病と同じ治療法が行われています。うつ病の治療を進めていく過程で身体的な症状が改善されていけば完全に仮面デプレッションと診断することが可能です。この疾患にかかっている人は最初に内科を受診して異常なしと診断されている人が多いです。そのため、治療を開始するまでに時間がかかることもあります。さらに、専門医でなければ、精神科医でも誤診をしてしまうことがあります。疑いがあれば、専門的に治療をしているクリニックを探すことも大事です。投薬治療などを最初に行っていきます。うつ病の治療薬も数多くの種類があるので、適切なものを使います。また、身体的な症状を緩和させていく薬も同時に処方されます。例えば眠れない場合は、抗うつ薬と睡眠薬などです。症状に合わせて様々な薬を組み合わせながら治療を進めていきます。治療を進めていく段階で治療薬も変化していきます。

Copyright© 2018 仮面デプレッションを発症したら医師に相談!【心療内科の治療】 All Rights Reserved.