抗うつ剤の処方をします

カウンセリング

体の不調が見られます

仮面デプレッションは、代表的なうつ病の症状も見られますが、胃の不調や倦怠感、不眠、食欲不振、生理不順などの身体症状のほうが強く見られるため、本人も病気の自覚が少ないケースがよくあります。体の不調が原因で内科を受診すると、精神神経科や心療内科の受診を勧められることもあります。精神神経科の病院やクリニック、心療内科などでは、問診やカウンセリング、診察などを行い、総合的に判断をしてうつ病を診断されることがあります。仮面デプレッションは、一般的なうつ病に比べると精神症状は軽い傾向がありますが、十分な休息や睡眠が大切な病気です。精神神経科の病院やクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法や抗うつ剤、気分安定薬、睡眠導入剤などを使った治療が受けられます。うつ病の薬は保険適用が受けられるため、治療に掛かる費用がそれほど高額になることはありません。処方される薬の種類や量によっても多少の違いがありますが、安心して治療が出来る環境が整っています。精神症状や身体症状は見られるけれど、通学や通勤は出来る場合も多いため、最初は週に1回か、2週に一回の通院になります。仮面デプレッションは、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などで治療が受けられます。心療内科や精神神経科の病院は、基本的には予約制になっているため、事前に電話で予約を入れておくことが大事です。個人クリニックの場合は電話を入れておくと、その日に診察が受けられることが多いです。心療内科や精神神経科の病院、クリニックでは、完全個室でカウンセリングや診察が受けられるので、プライバシーは厳守してもらえます。仮面デプレッションは身体症状が強く出ることが多いため、適切な薬を処方してもらうことで、辛い症状が改善してきます。一般的なうつ病と同様に、気分の落ち込みや意欲の低下、趣味や娯楽への関心の低下などが見られることも多いため、気になる症状が見られる場合は、早めに病院を受診することが大切です。基本的には内服薬には、保険適用が受けられます。治療を受けると半年から、一年ぐらいで辛い症状が改善することが多いですが、治療が長引く場合は自立支援医療なども適用される場合があります。

Copyright© 2018 仮面デプレッションを発症したら医師に相談!【心療内科の治療】 All Rights Reserved.