通院による治療が中心です

カウンセリング

身体症状が出やすいです

仮面デプレッションは、仮面うつとも呼ばれていますが、精神症状よりも身体の不調を感じることが多いため、本人もうつ病とは気づいていないケースが少なくありません。下痢や便秘を繰り返したり、胃腸の調子が優れなかったり、不眠や食欲不振、倦怠感などを感じることが多いです。内科の病院やクリニックを受診して、病気が診断されることもあります。仮面デプレッションは、結婚や就職、転職、出産などで大きく環境が変わったり、大切な人やペットの死別などが原因で発症することもあります。うつ病と同様に午前中は気分が優れなかったり、意欲や集中力の低下などが見られたりすることもあります。体の不調や心身の不調で悩んでいる人は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科を受診することが大事です。自律神経失調症や更年期障害とよく似た症状が見られることが多いですが、憂鬱な気分が続いていたり、仕事や家事などでミスが増えていると感じている場合は、早めに受診をして治療を受けることが大事です。体の症状に合わせた医薬品を処方してもらったり、抗うつ剤なども処方してくれます。仮面デプレッションは、精神的な症状よりも身体症状のほうが強く出ることが多いですが、気力や意欲が低下してしまい、仕事や家事でミスが増えたり、午前中は気分が優れないけれど、午後になると少し改善することがあります。うつ病の症状が見られる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、カウンセリングや診察を受けることが大事です。仮面デプレッションは、生理不順や過敏性腸症候群、胃の不調、倦怠感などを感じることが多いため、内科を受診すると精神神経科の病院やクリニックの、受診を勧められることもあります。病気が診断されると十分な休息や睡眠が必要なので、規則正しい生活を心掛けることが大事です。一般的なうつ病に比べると、精神症状は軽い場合が多いため、通院による治療が中心になります。精神神経科の病院やクリニックでは、抗うつ剤や睡眠導入剤、気分安定薬などを処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。地元で評判の高い病院やクリニックを選ぶと、カウンセリングや診察に時間を掛けてもらえます。

Copyright© 2018 仮面デプレッションを発症したら医師に相談!【心療内科の治療】 All Rights Reserved.