精神面の変化に注意

看護師

忙しい人ほど発症しやすい

毎日のように長時間働いていると、疲れている事に慣れてしまって、精神的に疲弊している事にも気付けず、仮面デプレッションを発病する事があります。精神的には特に問題ないと本人は感じているのに、うつ病の症状が肉体には影響を及ぼすという病気です。多忙な人が増えている現代では、仮面デプレッションを発症する事も珍しくなくて、大人だけでなく子供の患者も大勢います。嫌な出来事があっても大量のお酒を飲んで、ストレスを発散している人も注意が必要で、一時的にストレスを忘れられても心と肉体はダメージを受けています。受験勉強を頑張りながらも、夜遅くまでスマートフォンの画面を眺めている子供たちも、気付かないうちに疲れが溜まっている事が多いです。脳が休まらない日々を過ごしているうちに、仮面デプレッションを発病してしまって、日常生活を平和に過ごすのも難しくなった人も大勢いるので注意してください。自身が疲れている事に気付くためにも、仕事を頑張りすぎないよう注意したり、スマートフォンを眺め続けたりする事で睡眠時間が短くならないよう対処する必要があります。仮面デプレッションの診察を受けるために精神科などの医療機関を頼るつもりであれば、医師とじっくり話し合えるようにクリニックに足を運ぶ時間を調整してください。診察を受け付けている時間ぎりぎりにカウンセリングが始まると、短時間しか仮面デプレッションに関する相談ができない可能性もあります。朝一番にカウンセリングの予約を入れておけば、時間をたっぷりと使って医師に相談できますから、スケジュールを確認してから予約を入れる事が重要です。心療内科の治療は保険が適用されるので、保険証を持参するのも忘れてはいけませんし、保険の適用外となる治療について事前に調べておいてください。カウンセリングは保険の適用外となる事も多いので、医療機関に質問してからカウンセリングを受ける事を推奨します。予約を入れる際には電話だけでなく、メールや公式ウェブサイトの予約フォームを利用できる医療機関も増えていて、機械操作が苦手でも予約を入れるのは簡単です。もし予約を入れた時間帯にカウンセリングを受けるのが難しそうなら、キャンセルの連絡を入れる事を忘れないでください。

通院による治療が中心です

カウンセリング

仮面デプレッションは、仮面うつとも呼ばれており、精神症状よりも身体症状のほうが強く出ることが多いです。胃の不調や倦怠感、過敏性大腸炎、生理不順、不眠などが見られるため、内科を受診すると病気を診断されることもあります。

詳しく見る

体に現れない心の病気

男性

仮面デプレッションは、心の重みが体の原因だと考えやすく、内科に足を運んでしまいがちです。仮面デプレッションは、精神科や内科で対応する心の病であり、内科では見落とす可能性があります。病院では、失った存在感を取り戻す取り組みも行われています。

詳しく見る

抗うつ剤の処方をします

カウンセリング

気になる症状が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して、診察やカウンセリングを受けることが大事です。そこで仮面デプレッションと診断された場合、適切な治療を受けると良いでしょう。また、定期的に通院することが大切です。

詳しく見る

気分だけで判断できない

女性

うつ病は何事にもやる気がでない、興味のあった分野にも関心を持てないなどの、精神症状が2週間以上継続するのが典型的です。ところが頭痛や肩こりなどが慢性的に継続する仮面デプレッションもうつ病の一種なので、注意して下さい。

詳しく見る

身体的な症状のみ

女性

仮面デプレッションは、仮面うつとも呼ばれている精神疾患です。身体的な症状が主に出ることから肉体的な疾患と誤診されやすい病気です。うつ病なので、うつ病の治療をしないと改善しない点も特徴としてあります。専門医でないと見抜けない病気でもあります。

詳しく見る

Copyright© 2018 仮面デプレッションを発症したら医師に相談!【心療内科の治療】 All Rights Reserved.